補聴器

スマホ補聴器アプリの長所と短所

更新日:

おはようございます。

みなさんはスマホの補聴器アプリをお使いでしょうか。

無料もしくは数百円から数千円程度で購入できるので、とても気軽に始められるのがいいですよね。私はこれまで5種類くらいのスマホ補聴器アプリを試してきました。

今日はそんなスマホの補聴器アプリの長所と短所について書きたいと思います。あくまでも個人の所感となりますが、皆さんの参考になれば幸いです。

 

iPhone6

 

スマホ補聴器アプリの特徴

長所1:安い

冒頭でも書きましたが、まず最大のメリットはこれですね。

普通の補聴器だと数万円から数十万円という価格になるのに対して、スマホ補聴器アプリは無料から高くても数千円程度で購入可能です。

長所2:手入れ不要

本物の補聴器のように乾燥ケースに入れたり、定期的に販売店に行って本格的な乾燥処理を施す必要はないです。あえて必要なことといえばスマホの充電ですが、これは補聴器アプリのためではないですからね。

長所3:持ち運びの手間なし

わざわざケースに入れて持ち歩く必要もなく、スマホを持っていれば使えます。なので、忘れる心配がないです。スマホ自体を忘れてしまったり、イヤホンがなかったりしたらアウトですが。

 

以上が私が思いついたスマホ補聴器アプリの長所となります。やはりお手軽というのが最大の長所です。

[articleAd]
 

続いて短所について書きたいと思います。

まず最初に書いておくと、スマホ補聴器アプリの短所は聞こえに関することが中心です。つまるところ、補聴器の肝である聞こえの部分に一番難があるということです。

安くて気軽に始められるけど、本物の補聴器とはやはり別物です。なので、スマホ補聴器アプリが使えなかったからといって本物の補聴器も使えないとは限りません。そこは理解しておく必要があります。

 

短所1:雑音に弱い

雑音には弱いです。必要な音だけでなくマイクが拾った音は分け隔てなく増幅されます。とても聞き取りにくくなります。

短所2:突然の大きな音を思い切り拾う

周囲で突然大きな音が発生すると、その音も増幅するため耳には相当な音が入ってきます。

例えば近くの人が突然クシャミをしたり、物を落としたり、何かにぶつかったり、いろいろなケースがありますが、どれもものすごい音が入ってきます。音によっては飛び跳ねるくらい驚くことも。

音量を絞ればいいんですが、そうすると普通の音が聞こえなくなります。

短所3:聞こえの微調整ができない

本物のデジタル補聴器なら販売店に行ってフィッティングをすることで、細かい聞こえの調整ができますが、スマホ補聴器アプリではそれができません。

アプリによってはデジタル補聴器のように数段階の音域に分けて増幅度を調節する機能がありますが、やはり本物の補聴器はそれ以外の細かい音声処理をしているので全然適わないです。

短所4:自分の声も増幅される

本物の補聴器の場合、耳の上にマイクがついているため自分の声はあまり入らず増幅もされないのですが、スマホ補聴器アプリの場合はスマホ内臓マイクかイヤホンマイクを使うため自分の声がもろに増幅されます。しかもソフトウェア処理の関係上、ほんのちょっとですがタイムラグが発生することがあり、違和感に感じる可能性があります。

短所5:目立つ、音楽を聴いていると誤解される

イヤホンを使うためかなり補聴器よりも目立ちます。また、普通のイヤホンをしているので音楽を聴いていると誤解されます。そのため職場などで使う場合は周囲に理解していただく必要があります。

 

スマホ補聴器アプリの使えるシーン

補聴器の一番肝心な聞こえの部分が残念な結果なのですが、使うシーンを絞れば十分活用できると思います。

私が普段スマホ補聴器アプリを利用しているシーンをご紹介いたします。

自宅に一人でいる時のテレビ視聴用

一人であれば突発音は起きにくいので、テレビ視聴などに使えます。まぁ、ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンで十分なんですが。

短時間だけ補聴器の代わりに使用

私の場合、外を歩いてたり電車に乗っている時などは補聴器を外してるんですが、買い物とか何かの受け付けとか、ちょっとの間だけ補聴器が必要になる時に、わざわざケースから出して電池を入れてってやるのが面倒なのでスマホ補聴器アプリを代用することがあります。

店員さんなど、事情を知らない人と話すので、両耳イヤホンをつけてると失礼な人と思われる可能性もあります。可能なら片耳だけにするか、もしくは最初に断わっておくのが無難です。

補聴器を忘れた時、電池ストック切れ時の緊急用

こんなことはあっちゃいけないのですが、過去に一度だけ補聴器を忘れて仕事に行ってしまったことがあります。その時はスマホ補聴器アプリで乗り切りました。

 

というわけで、スマホ補聴器アプリはあくまでも一時的な代用品というのが私の感想です。もちろん感じ方は人それぞれなので、こちらの情報を参考にご自分でもお試しいただくのが一番だと思います。

 

 

 

-補聴器
-,

Copyright© なんちょらいふ , 2018 All Rights Reserved.