レビュー 補聴器

iPhone補聴器アプリレビュー Petralex

更新日:

こんにちは。気がついたらブログを10日も放置していました。やはり12月は何かと忙しいです。

以前スマホ補聴器アプリに関するこんな記事を書きました。

スマホ補聴器アプリの長所と短所
おはようございます。 みなさんはスマホの補聴器アプリをお使いでしょうか。 無料もしくは数百円から数千円程度で購入できるので、と...

 

今回は数あるスマホ補聴器アプリの中から、Petralexというアプリをご紹介いたします。

とても優秀なアプリなのに無料で公開されているので、気になる方は使ってみることをオススメします。

 

補聴器アプリ Petralex

使用感

私はiPhone6PLUS(iOS 9.1)で使用しておりますが、特に問題なく使用できています。

Android版は未使用です。なおAndroidは機種が多いので、ある機種では使用感がよくても別の機種では全然ダメということも多いので注意が必要です。特に補聴器アプリのようにマイクや音声出力といったハードウェア機能を使う場合は機種差分が顕著です。

[articleAd]
 

以下、画面イメージと共に少し説明します。

 

起動直後はこんな感じです。

Petralex画面イメージ

上の丸ボタンは利用場所別の設定プロファイルです。私のアプリでは自宅とオフィスの設定があります。後で書きますが、この場所別プロファイルがこのアプリの最大の特徴です。

真ん中辺りにあるのがマイク設定です。弧状のMIN-MAXボリュームがマイク入力レベルで、マイクとヘッドセットの切り替えボタンはスマホ本体のマイクからの入力か、それともイヤホンマイクのマイクを使うのかを選択できるようになっています。私の環境はiPhone6Plus+付属イヤホンマイクなのですが、その時その時でどちらを使うか変えています。イヤホンマイクの方が明瞭に聞こえる時もあるし、iPhone本体マイクの方がよく聞こえる時もあって、どっちがいいとは言えない感じです。

そして一番下はイヤホン音声出力のボリュームスライダーになります。

このように入出力設定を比較的細かくカスタマイズできます。

 

上記の状態から利用場所別設定プロファイルボタンをタップすると補聴器機能が始まります。例えば自宅のプロファイルを選ぶとこんな感じで始まります。バックグラウンド再生にも対応しているので他アプリを起動したり、iPhoneがスリープになっても補聴器機能は継続します。

Petralex画面イメージ

 

そして、上で書いた利用場所別の設定プロファイルなのですが、これは利用者自身が設定する必要があります。最初は自宅ボタンもオフィスボタンもなく、Create newボタンのみなので、これをタップすると下のように設定処理が始まります。

Petralex画面イメージ

Startボタンを押すと音が聞こえてきますので、聞こえたら時点で下の赤いボタンを押します。

Petralex画面イメージ

左右8段階、合計16回の調整設定を終えるとその環境でのプロファイルが完成します。

こんな感じでプロファイルに名前が付けられるので管理しやすいです。

Petralex画面イメージ

 

このように片耳につき8段階の周波数の設定ができるので、かなり補聴器に近い効果が期待でき、これこそがこのアプリの最大の特徴だと思います。そしてこれだけの機能がありながら無料アプリというのが驚きです。もちろん本物の補聴器には及びませんが、短時間の代用品には十分です。

ただし気になる部分もあって、使っていると徐々に聞こえが小さくなる時があります。大きな音を拾った時などに耳を守るためか何なのか分かりませんが、最大音量を抑える機能のようなものがあって、そのせいで徐々に小さい音に落ち着いていくんじゃないかと勝手に思っています。一旦機能を終了して再開すると音が大きくなるのでたまにリセットをかけて使っています。

 

ダウンロードはこちら

Petralex 補聴器
Petralex 補聴器
Developer:
Price: Free+
Petralex Hearing aid
Petralex Hearing aid
Developer: IT4YOU
Price: Free+

 

-レビュー, 補聴器
-, , ,

Copyright© なんちょらいふ , 2018 All Rights Reserved.