補聴器

私の愛用補聴器 シーメンス CIELO Life (シエロ ライフ)

更新日:

管理人です。

早速ですが私の愛用補聴器を紹介します。

SIEMENSのCIELO Lifeという機種で、2007年7月に購入したものです。

現在8年目に突入していますが、聞こえの面では特に問題なく使用できております。デジタル補聴器の平均寿命は5年前後と言われているので、結構頑張っている方ではないでしょうか。ただ、この平均寿命については結構アテにならないらしいです。

気になるお値段ですが、確か両耳で定価28万円のところ22万円くらいで購入したと記憶しています。軽度~中度難聴に対応したモデルで、シーメンスのこのシリーズの中では最安の部類だったと思います。

というわけで、こちらが愛用機の写真です。

SIEMENS CIELO Life SIEMENS CIELO Life

[articleAd]

耳の後ろにすっぽり隠れる程小さく、髪の毛を短くし過ぎなければほとんど目立ちません。私は今でこそ補聴器装用を公開しておりますが、購入当時は隠していたので、この小ささは購入の決め手になりました。

これまでの8年間で、補聴器をしていることに気づかれたのは1回だけです。髪の毛を短く切り過ぎた直後でした。それ以外では気づかれたことはなく、補聴器使用を知っている人ですら見た目では分からないそうです。なので、会話するときに「今つけてる?」とか聞かれたりします。

最近では当たり前になってきたスマホと連動する機能もないですし、専用のリモコンなどもありません。電池を入れて耳に装着するだけの簡単設計といえばそうなんですが、リモコン機能は欲しかったですね。

こちらはシエロライフの後継機種となります。
Life (ライフ) - シーメンス補聴器

スマホ対応、リモコン対応、ナノコートなど、確実に進化していますね。とても嬉しい限りですが、私はもう少し今の愛用機のお世話になりそうです。

-補聴器
-

Copyright© なんちょらいふ , 2018 All Rights Reserved.