補聴器

補聴器を使うとどのくらい聞こえるようになるの?

更新日:

こんにちは。今日は、補聴器をつけるとどのくらい聞こえるようになるか、ということについて書きたいと思います。

補聴器って高いものだから尻込みしてしまいますよね。ましてや実際のところどの程度聞こえるようになるのかも分からない。

というわけで、私の経験の話になってしまいますが、実際どの程度回復したのかについて書いてみます。あくまでも私の主観に基づいた話なので、すべての人がそうなるという話ではないです。参考程度で読んでいただければ幸いです。

 

まず知っていただきたいのは、補聴器をつけても健聴者と同等レベルにはならないこと。

聴力と視力は全然別物なので比較すること自体がナンセンスなのですが、視力が相当低い人でも眼鏡をかけると日常生活で問題のないレベルになります。私の家内がそうなのですが、眼鏡・コンタクトを外している時はスマホを顔から5cmくらいまで近づけています。でも眼鏡やコンタクトをすると、視力1.0の私よりも細かいところが見えているようです。

その感覚で補聴器に期待すると、ちょっとがっかりしてしまうかもしれません。

これはmixiのとあるコミュで質問を受けて回答した文章なのですが、概ねこんな感じです。

私の感覚的な感想だと、健聴者の聞こえを10と仮定して、私の補聴器無しの聞こえが3、そして補聴器をつけたら7くらいになったイメージです。

 

もう一つ付け加えさせていただくと、日常生活に困らない最低レベルが8といったところでしょうか。つまり、補聴器をつけても残念ながら日常生活のすべてをカバーできるわけでないと、私は思っています。

それでも仕事をしている私にとって、3が7になるということは非常に大きいことでした。

[articleAd]
 

いかがでしたか?

補聴器関係者の方から怒られてしまうかもしれませんが、補聴器に過渡の期待を抱かないでほしい、というのが私の思いです。期待が大きいほど落胆も大きく、そのせいで補聴器を諦めてしまうのは勿体ないからです。

また、健聴者の人にも知っていただきたいです。補聴器をつけてるならハンデはないんだな、と思われるとちょっと辛いです。補聴器をつけることで日常生活が何とか送れるかどうか、といったレベルなのです。

 

散々書いてきましたが、これは私の場合であって、人によっては補聴器により健聴者レベルかそれ以上になる人もいるのかもしれません。私は会ったことないですが。。。

 

-補聴器
-,

Copyright© なんちょらいふ , 2018 All Rights Reserved.